その他

連載

【連載】先端を読む(467)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、都心の“穴場マンション”、伊藤忠都市開発「クレヴィアお茶の水」、魅力な価格、細部の作り込み

最近、購入者向けセミナーで、「今、都心の穴場はどこですか」と聞かれることが多くなった。できるだけ安く都心マンションを買いたいと願う人が増えたのだろう。その穴場マンションの一つと考えられるのが、伊藤忠都市開発の「クレヴィアお茶の水」だ。山手線内の中心部に位置しながら、全53戸の規模で、58平方メートル台の2LDKが6500万円台から、72平方メートル台の3LDKでも7800万円という価格設定が特徴。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月28日