ハウス・住設

その他

木の新しい利活用、シンポジウムに協賛、住友林業

住友林業は12月11日、読売新聞社主催のシンポジウム「新しい木の時代~日本の森林再生と利活用~」に協賛する。 日本の森林・林業が抱える課題や木の新たな可能性・利活用についてわかりやすく伝える。 第1部の基調講演には、建築家の隈研吾氏が「木の値」をテーマに日本の森林の現状や木の魅力を生かす新しい取り組みについて、知見やノウハウを備えた産学関係者が議論を交わす。 第2部のパネルディスカッション「 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月28日