賃貸管理

連載

【連載】賃貸の夜明け、リーシングコンサルタント 沖野元、(33)、新人教育をしっかりと、会社に大きな損害与える危険

賃貸の客付け業者で新人に多いのが、お客さまの言うことをうのみにして、そのまま元付業者に伝えてくる営業担当者である。それが「営業」だと思い込んでいるところが致命的と言ってよい。 賃貸の営業はほとんどがOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)で、体系的な研修を行う業者は少ない。小さな会社が多く、即戦力を必要としていることもあるため、ある程度は仕方のない部分があるのもわかる。しかし、新人の教育ができて ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月28日