その他

連載

【連載】CFネッツ流 大家実践塾、(217)連帯保証人への滞納家賃請求、自宅訪問は有効な手段、「まさかここまで」心理を突く

借り主が家賃を滞納したまま賃貸借契約を解約し、その後行方不明になることがある。連帯保証人に滞納家賃を請求するが、連帯保証人が支払わないこともある。 賃貸借契約の連帯保証契約締結時に、軽い気持ちで連帯保証人欄へ署名押印し「借り主の家賃滞納は、自分には関係のないことだ」と、自身が連帯保証人であることの意識が低いためだ。 こういった連帯保証人に対しては、手紙、電話、訪問による督促を根気強く続けていれ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月28日