行政, 統計・データ

その他

【データフラッシュ】東日本大震災の復興宅地整備、今年度は5~8割進ちょく

国土交通省は東日本大震災の被災者の住まい確保の見通しを示す「住まいの復興工程表」を更新した。 民間住宅用の宅地整備の戸数と進ちょく状況は、16年度中に岩手県で約4200戸(約5割)、宮城県で約7900戸(約8割)、福島県で約1300戸(約7割)の供給を見込む。17年度までには岩手県が約6200戸(約8割)、宮城県が約9400戸(9割超)、福島県が約1900戸(9割超)となる見通し。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月28日