行政

その他

古民家活用へ支援体制構築、観光庁官民ファンド新設を検討

観光庁は、古民家を活用した観光まちづくりタスクフォースで、有識者からのヒアリングを実施した。 菅義偉内閣官房長官が地域活性化を推進するために、官民ファンドなどを活用した新たな支援体制を構築する意向を示したことから、今後、他省庁とも連携しながら、2016年度末までに新たな方策の方向性をまとめる。 観光庁は最終とりまとめで、人材育成、自治体の理解・協力、資金の確保、規制や制限の見直しの4つの課題に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月28日