不動産流通・売買・仲介

1面トップ

現物資産の強み消費者を誘う、2016年度上期売買仲介実績本紙調べ、「底堅い住宅需要を実感」、ホールセールも取引活発

主な不動産流通各社の2016年度上半期(4~9月)の売買仲介実績が出そろった。集計23社のうち20社で取扱高と平均の取扱価格を伸ばし、取扱件数も19社が増やした。平均価格は、地価高騰に伴う影響が実際の売買価格に波及しているのが鮮明となったが、価格上昇の中でも売買件数は伸びており、需要の底堅さが確認できた格好だ。店舗展開では14社が増やし7社が変わらず、減らしたのは2社にとどまり販売網の拡大姿勢は衰 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月28日