開発

その他

クアラルンプールのアウトレット2期着手、三井不動産

三井不動産は、政府系ファンドが株式の過半を保有するマレーシア国内39空港の運営会社との合弁会社を通じて「三井アウトレットパーククアラルンプール国際空港セパン」の第2期開発に着手した。開業は2018年1月の予定。 店舗数は約60店舗増え190店舗になり、東南アジア最大級のアウトレットモールになる。 15年5月に開業したクアラルンプール初の本格的なアウトレットモール。国際空港の敷地内、高速道路から ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月21日