ハウス・住設

その他

10社中6社が減少、大手戸建10月受注ヤマダ・エスバイは19%減

大手住宅メーカーの10月戸建て受注は、発表した10社中6社が前年同月比で減少した。戸建て・注文住宅の受注環境について、住宅ローン金利は引き続き低水準であるが、不透明感の続く国内景気の状況から、住宅取得の判断を先に延ばす傾向が継続している。 住友林業は、「住宅ローン金利の低位定着や各種優遇制度など、住宅取得のタイミングとしては好機だが、景気動向など先行き不安要素が多いことから、購入判断を急がない傾 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月21日