賃貸管理, 不動産投資・資産運用

特集

【資産運用特集】賃貸併用住宅小資金で賃貸経営、資金、税制面に優位性、大手住宅、多彩な商品発売

遊休地や潤沢な自己資金がなくても賃貸住宅経営を可能とするのが賃貸・店舗併用住宅だ。住宅ローンを使うことができるので元手をそれほど必要とせず、多くの住宅・アパートメーカーは賃貸部分のサブリースを提案している。相続税対策としても有効だ。特徴のある商品を紹介する。 賃貸・店舗併用住宅は、自宅部分と賃貸部分の「小規模宅地等の特例」の評価額減のほかに、貸家建付地としての評価減額を併用できる。賃貸部分の評価 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月21日