その他

連載

【連載】賃貸の夜明け、リーシングコンサルタント 沖野元、(32)、DIY型賃貸の可能性、貸し主、借り主ともに利点

先日、不動産適正取引推進機構が主催する「DIY型賃貸借契約の可能性・有効性と今後の課題」を聴講した。講師は犬塚浩弁護士である。私は以前から国土交通省が提唱するDIY型賃貸には築古物件の空室対策に使えるものとして関心を持っていたため、最新の事情は確認しておきたかった。 DIY型賃貸とは従来のような貸し主負担での修繕や設備更新ではなく、借り主の意向を反映して内装を行うことである。費用負担はケースによ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月21日