団体

その他

社宅事業者協議会が発足、日管協会長に栗山直能氏

日本賃貸住宅管理協会は15日、新たな事業者協議会として社宅代行サービス事業者協議会を設立した。同日都内で総会を開き会長に栗山直能リロケーション・ジャパン社長が就任した。社宅代行サービス事業の整備・発展を目的に、事業者と賃貸住宅管理業者の関係構築などを行う。 栗山会長は総会で「日管協調べでは、全国の社宅および官舎約112万戸のうち62%が何らかの形で社宅代行サービス事業者を通じて契約されている。し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月21日