団体

その他

全国65会場で実施、申込総数3650人、全宅連不動産実務セミナー

全国宅地建物取引業協会連合会(伊藤博会長)は17日、不動産実務セミナーを開催した。事前収録した講義映像を使い全都道府県に設けた65会場で一斉に実施。申込者数は3650人だった。不動産取引の現状を踏まえながら実務で必要な不動産取引の知識を得る。 1部の「重説トラブル防止」講師は久保内統弁護士と角田智美弁護士が担当。取引物件と道路との接道問題や中古住宅のローン特約の期間設定、自殺や孤独死など心理的瑕 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月21日