行政

その他

居室に警報器設置求める、特区民泊建基法の取扱いを通知

国土交通省は11日、国が特区民泊の滞在日数要件を2泊3日に緩和し、事業者による周辺住民への事前説明や苦情処理対応を法令上規定したことを受けて、マンション管理組合に民泊の可否を管理規約に明示することなどを推奨する通知を都道府県と業界団体に出した。内容は、マンション管理組合などへの情報提供と建築基準法での取り扱いの2点。 特区民泊実施区域内のマンション管理組合に対しては、管理組合ができる限り方針を決 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月21日