行政

その他

国交省、設計段階で物流配慮促す、商業・複合施設マンションなど年度内に指針作成

国土交通省は16日、物流を考慮した建築物の設計・運用を推奨するガイドライン策定に向けた検討会の初会合を開いた。施主から相談があった際に設計段階で活用できる情報を提供できるように、国交省は物流や商業施設関係のほか、不動産業界や建築士会からも委員を選んだ。 物流業界では、トラックの積載率が41%に低下するなど非効率性が高まっている。将来的に見ても、労働力の不足が見込まれることから、国交省は、物流の大 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月21日