その他

その他

【大学移転】文化 企業・ひと、大学が続々と都心回帰

■学生獲得へ競争熾烈/大学周辺の賃貸需要に好影響も 高度経済成長期に郊外に移転した大学が都心に回帰している。少子高齢社会に伴う人口減少が大学経営に深刻な影響を将来及ぼすのではないかと考えて学生を獲得するために利便性の高いエリアに集まってきた。 文部科学統計要覧(2015年版)を見ると、大学の学生数(国・公・私立)は1955(昭和30)年に52万3355人から増え続け90年に200万人を突破 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日