その他

連載

【連載】先端を読む(465)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、駅前人気で販売価格が逆転、郊外戸建、城南・城西マンション、割安な「穴場」に増える来場者

この秋、首都圏では「来場者が目に見えて落ちた」という新築分譲物件が多かった。都心部や郊外の駅近物件で、この傾向が強いように感じた。 その一方で、来場者が増えた、という物件もあった。そこが、不動産のおもしろいところ。一筋縄ではいかないし、(市況状況が)つかみどころがないのだ。 たとえば、世田谷区や大田区の新築分譲マンションには来場者が戻り、「販売順調」というケースが目立っている。 もうひとつ、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日