その他

連載

【連載】斉子典夫の人材育成ノート、第3回「観ある人材」を育てる

どんな時代にあっても、経営や営業の本質は変わらない。それは、顧客の心をいかに掴むかということであり、顧客にいかに必要とされるかということである。 すなわち、徹底してCS(顧客満足)を追求する以外に生きる道はないということである。それが企業の永続性を保証する最重要な担保力であり、しかも、そのCSレベル=顧客納得・満足のレベルが時代と共に高くなってきている。そのことを、強く認識することが大切なのだ。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日