賃貸管理

1面トップ, その他

軟弱地盤向け、独自工法採用、大東建託

大東建託は1日、軟弱地盤に対応できるオリジナル基礎工法「DK-フロート工法」の採用を始めた。基礎下の地盤を土木用発泡スチロールブロックに置き換え、地盤への建物重量の負担を軽減し支持力増強と地盤沈下を抑制する。 土木用発泡スチールブロックに置き換えることにより、木造2階建てで地盤への負担を約半分に軽減できる。耐久性にも優れ、紫外線やガソリン類、火気に触れなければ、半永久的に使用することができる。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日