その他

1面トップ, 連載

【連載】不動産投資家のための知って得する税金塾、144、レンタル収納スペース、倉庫事業と異なる所得税法上の取扱い

今回は、レンタル収納スペースの所得区分について紹介する。 レンタル収納スペース事業とは、賃貸借契約等に基づき収納スペースを貸すサービスである。利用者自らが収納物品の管理および出し入れを行う点に特徴がある。 レンタル収納スペース事業と類似したサービスに倉庫事業があるが、倉庫事業にかかる所得は事業所得または雑所得に該当する。 その一方で、レンタル収納スペース事業は不動産所得とされる。 これは、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日