行政

1面トップ, その他

省エネ改修向けに、診断ツールを作成、東京都

東京都は、中小テナントビルの省エネ改修の効果を容易に予測できる「省エネ改修効果診断ツール」を作成し、4日に運用を始めた。 テナントビルオーナーや設備改修事業者などが、省エネ効果をアピールする場面で利用することを想定して設計した。年間エネルギー使用量や改修前後の設備情報などを入力することで、改修後に向上する省エネレベルや空調と照明設備の省エネ性能、削減する電力量やCO2排出量などをわかりやすく表示 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日