行政

その他

大阪市の特区民泊、初日申請は13室、戦略特区

大阪市は10月31日に特区民泊の申請受付を始め、初日としては過去最高となる3事業者13室の申請があった。11月10日時点で、認定した物件はない。 東京都大田区、大阪府に続いて特区民泊を始めた大阪市は、「ホテル・旅館」の建築が可能な第一種住居地域での事業実施を認めている。問い合わせは多いものの、消防署による確認や近隣住民への周知など申請前にすべきことが多いことなどから2日目以降は申請が進まず、10 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日