行政

その他

勧誘要件が優先議題に、消費者契約法事業活動への影響考慮

内閣府の消費者契約法専門調査会は7日、今後の審議の進め方として、「勧誘」要件のあり方や不利益事実の不告知など7点を優先的に検討することを決めた。 2015年12月に策定した報告書で今後の検討課題とした勧誘要件、不利益事実の不告知、困惑類型の追加、「平均的損害額」の立証責任、不当条項類型の追加、条項使用者不利の原則の6点に、合理的な判断ができない事情を利用した契約締結の類型を加えた。 「消費者」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日