行政

その他

民泊に対する考え方表明、京都市付加価値のある事業推進

京都市は観光都市の実現とともに地域と調和した宿泊観光の向上を目指して「京都市宿泊施設拡充・誘致方針」を10月31日に策定し、同時に民泊に関する同市の考え方を示した。 京都市は、2015年の宿泊客数が過去最高の1362万人を記録し、市内主要ホテルの年間稼働率が88.9%、旅館が70.1%と宿泊施設の供給不足が深刻化している。加えて、15年度のホテルの新規許可が7件、旅館が2件と少ない一方で、14年 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日