行政

1面トップ, その他

専用居室は9m2が基準、セーフティネット住宅自宅活用での要件検討

国土交通省は7日、民間賃貸住宅の空室や空き家を活用した新たな住宅セーフティネット制度「仮称・あんしん入居住宅」の創設に向けて、戸建ての自宅や空き室などを活用する場合の居住水準を定める検討会の初会合を開いた。座長には東京大学大学院教授の浅見泰司氏が就いた。 「仮称・あんしん入居住宅」は、高齢者や子育て世帯、障がい者など住宅確保に配慮が必要な者(以下、要配慮者)を対象に、一定の要件を満たす要配慮者向 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月14日