開発

その他

第2四半期決算、ビル売却反動減、平和不動産

主力の賃貸事業は、前期取得物件の収益貢献があったものの、ビル売却の反動減から減収した。 不動産ソリューション事業は、不動産開発、マネジメントフィー、住宅開発、仲介ともに増収した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日