分譲

その他

エネファーム累計1000戸に、都内は停電対応型に、三井不レジファインコート

三井不動産レジデンシャルは、家庭用燃料電池エネファームを採用した分譲戸建住宅「ファインコート」シリーズの累計販売戸数が1000戸を達成したと発表した。 14年3月に東京、神奈川、千葉、埼玉の東京ガス供給区域内のファインコート全戸に、エネファーム搭載を開始した。家庭のCO2排出量を年間約1200トン削減できる計算になるという。 今後、東京都内の東京ガス供給区域内で発売するファインコートは、停電時 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日