団体

その他

5年連続で2万点超の作品、木住協作文コンクール開催

日本木造住宅産業協会(市川晃会長)は10月29日、東京・水道橋のすまい・るホールで「木の家・こんな家に住みたい」作文コンクールの表彰式と大臣賞入選者による作品の朗読などを行った。 国土交通省が主唱する「住生活月間」行事の一環として実施する同コンクールは今回で19回目。全都道府県および海外日本人学校1599校の小学校から応募があり、作品数は2万2536点(低学年1万23点・高学年1万2513点)と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日