団体, 不動産投資・資産運用

その他

投資不動産流通協会、井上徹理事長に聞く、「協会を通じて実務者レベルアップと取引標準化」、会員1000社目標、独自の上級資格も準備

投資用不動産市場は、若手オーナーの存在とベテラン層の資産組み換えなどで活発だ。海外からの投資は、引き続き増えるのではないか。そのような状況のもと、新築営業から販売手順、中古流通など課題は少なくない。2015年2月に、有志とともに一般社団法人として「投資不動産流通協会(TFK)」を立ち上げた井上理事長に協会の設立のいきさつとこれからの展望を聞いた。 --投資用不動産を取り扱う業者の団体は珍しい。設 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日