その他

連載

【連載】コラムで丸わかり、不動産の基本を学ぶ、不動産コンサルタント 畑中学、45、「仲介手数料の計算」、定期借地権は保証金に注意、新規参入組は消費税ミスも

仲介手数料の計算で混乱するケースは2つある。1つ目は売り主が課税事業者のとき。2つ目は定期借地権のときである。私もこの2つ--特に後者ではいまだにうっかり間違えてしまいそうになることがある。 まず前者は消費税を抜かした建物本体と土地の金額が仲介手数料の計算根拠になる。消費税100万を含む売買価格5000万円なら消費税を抜いた4900万円を売買価格として計算することになる。 新築住宅やリノベーシ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日