行政

その他

不動産鑑定制度見直しリート対応など高度化図る

不動産鑑定評価制度のあり方を検討する不動産鑑定評価制度懇談会は、当初の予定を変更し、評価制度全体を見直すことを決めた。 第1回会合で動産と農地の評価方法や人材育成を取り上げ12月に中間報告をまとめる予定を示したが、全体を見直すことに変更したため年度内に骨子案をまとめ、2017年4~7月に最終とりまとめに向けて検討する。 社会経済状況が変化する中で、鑑定士や鑑定業者にどのような変化が求められてい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日