賃貸管理

その他

「簡易宿所民泊」に参入、アパマン新規・関連事業を強化、既存住宅改修で

アパマンショップホールディングスは新規事業開拓や関連事業を強化する。参入を発表している民泊についてはいわゆる”新法民泊”の前に、既存住宅を簡易宿所に改修して自治体の許可を取った上で行う。中期経営計画で強化を掲げた家賃保証は、2016年9月期に管理戸数増加により期初計画の3倍近くを売り上げた。 アパマンショップホールディングスは15年12月に民泊参入を表明した。大村社長は「いわゆる”民泊新法”がで ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日