行政

その他

適正事業者に任意登録制、家賃債務保証保証内容などサイトに公開

国土交通省は10月31日、家賃債務保証事業者に関する情報提供の制度構築検討会の初会合を開いた。座長には弁護士の犬塚浩氏が就いた。社会整備審議会住宅宅地分科会の新たな住宅セーフティネット検討小委員会が7月にとりまとめた中間報告で、セーフティネット住宅への円滑な入居を確保するため、家賃債務保証の事業者や保証内容に関する情報を、消費者が簡単に入手できる仕組みを作るよう提言したことを受けて設置した。 家 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日