行政, 開発, ハウス・住設, シルバー

1面トップ

サ高住開始から5年、登録数、目標上回るペース、課題は質補助要件に自治体との調整

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が、2011年10月の制度開始から5年を迎えた。国による建築費補助や税制優遇の後押しもあり、25年までに60万戸整備する目標を上回るペースの20万7372戸(9月末時点)が登録されている。住宅・不動産各社も成長分野と捉えて事業を手掛ける。一方で質が劣る物件もあるなど問題も表面化している。 サ高住は改正高齢者住まい法に基づき、それまでの高齢者円滑入居賃貸住宅、高 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月7日