不動産証券化

その他

日本ビルファンドが「恵比寿CSビルディング」を取得

 東証J―REITに上場する日本ビルファンド(NBF)が東京・恵比寿のオフィスビル「恵比寿CSビルディング」を取得した。取得資産は不動産で、取得価格は10億円。取得先はカルピスサービス。総賃貸可能面積は約1600平方メートル。テナント数は5社。5月14日現在の稼働率は100%。収支見込(NOI)は約8000万円。\n また、NBFは平成16年6月期半期決算(1月から3月末までの3カ月間)を発表。半 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年6月3日