住宅金融機構・都市機構

その他

中古マンション10年ぶり「復調」/公庫3月市場調査

 住宅金融公庫は、平成16年3月の全国住宅市場調査の結果をまとめた。\n 注文住宅市場は、受注状況判断値がややマイナスになったものの前回(15年12月)調査より改善、先行きにも明るさが見られた。賃貸住宅市場は、受注状況判断値が1年ぶりにマイナスとなり、先行きも受注減の予想。\n マンション市場は成約判断値が大きく改善したが、先行きは悪化が見込まれる。建売住宅市場はマイナス幅が拡大、先行きも低水準で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年6月3日