住宅金融機構・都市機構

その他

住宅金融公庫の融資金利/2・75%に引き上げ

 住宅金融公庫は、融資金利を現行の2・70%から2・75%に引き上げる(当初10年間)。175平方メートル以下の基準金利適用住宅が対象で、11年目以降は3・45%で据え置き。改定後の金利は、5月21日~6月10日の申込分に適用される。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年6月3日