住宅金融機構・都市機構

その他

普及に弾みがつかない「新型ローン」/住宅公庫「証券化住宅ローン」の浮上案/吉井 一弥理事に聞く

 住宅金融公庫の新型ローン「証券化住宅ローン」の利用拡大が進まない。昨年10月のスタートから、この4月末までの累計利用件数は1000件に満たないという低調ぶり。大手銀行などの低金利住宅ローンに押されて普及が進まないわけだが、住宅金融公庫に打開策はあるか。吉井一弥理事に聞いた。\n\n■長期的な視点に立てば金利面でも競争力あり\n\n ―昨年10月の制度創設以来、半年が経過しましたが、個人リテール部 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年6月3日