その他

連載

Why not?(189)/短期賃貸借(6)/「占有屋」排除へ要件緩和/強制執行の実効性も高く

 前回、平成16年4月1日から施行される担保・執行法制度に関する平成15年7月の法改正につき手続法に関わる部分の改正点の要点として、不動産競売手続の改善内容である(1)強制執行妨害対策のための債務者・占有者に対する各種保全処分の強化(2)不動産の内覧制度の創設等につきお話しいたしました。\n 今回は、不動産の明渡執行手続の改善につきお話しいたします。改正法は、不動産の引き渡しまたは明け渡しの強制執 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月27日