その他

その他

富士解体工業/業界初の環境ISO/「子供達へ良環境を」

 「資源が循環しないと、長い目で見て自然がなくなってしまう」と菅野哲也社長。解体業で初めてISO140001を取得した富士解体工業を率い、同業界のリーディングカンパニーを目指す。\n 環境ISOの取得目標を掲げた時、返ってきた反応は「何をすればいいのだろう?」だったという。ISOの認証を取得するため、一から学んだ。その後押しをしたのが「我々の子供時代にまで、いい環境が保たれるように」という菅野社長 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月27日