不動産流通・売買・仲介, 統計・データ

その他

リハウスプライスリサーチ/横ばい安定で推移/変動率の下落幅縮小

 三井不動産販売・三井のリハウスネットワークは、四半期ごとに行っている価格定点観測調査、「リハウスプライスリサーチ」をまとめた。\n 平成16年4月1日時点の、首都圏の住宅地価格の四半期変動率はマイナス0・5%(前回調査比0・2ポイント縮小)、中古マンション価格はマイナス0・6%(同0・4ポイント縮小)。首都圏全体では変動率がともにマイナス1%未満で下落幅がさらに縮小、横ばい安定基調で推移した。\ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月27日