不動産証券化

連載

いま倉庫が面白い!―物流不動産と証券化―(5)/今、なぜ物流不動産か/有利な契約期間の長さ/高い投資利回り

 少し前の新聞記事に「物流施設 外資が担う」という大きな見出しが出て、物流業界に大きなショックを与えました。事実、外資を始めとする、商社などの大手企業が、莫大な資金を基に新しい物流施設を開発しています。ではなぜ今、倉庫や配送センターといった物流不動産が注目されているのでしょうか。\n 物流、最近ではロジスティックといわれる産業はGDPの10%の産業規模といわれています。そこで行われている物のやりと ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月27日