不動産証券化

連載

特別リポート 欧州「REIT市場」最前線(3)/大欧州に伸びる蘭「REIT戦略」

 不動産証券化協会「欧州ミッション」最後の訪問国・オランダでは、不動産業の「近未来像」を示唆する現象が起きていた。不動産業に「国際競争」の波紋が広がりつつあるのだ。\n\n\n■資産運用手段として定着/国外不動産取得に意欲\n \n オランダのREITでもっとも注目すべき点のひとつは、「不動産」が株式、債券と同様に独立した主要な資産クラスの一つだという認識がきわめて高いこと。事実、年金基金総資産の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月20日