その他

社説

【社説】東証上場企業の倒産と再建

 4月26日、東証1部上場のジェネラスコーポレーション(旧地産トーカン)が東京地裁へ民事再生法を申請、事実上倒産した。負債総額は、233億2300万円。バブル崩壊後、倒産企業は依然として後を絶たないが、東証1部上場の不動産会社の倒産は、2000年2月にエルカクエイ(負債1351億円)、03年3月のセザール(同594億7300万円)に次いで3社目となった。\n 倒産には、特別清算、破産という会社消滅 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月20日