団体

その他

時代の要請に対応したビルを/東京ビル協

 (社)東京ビルヂング協会(高木丈太郎会長)は4月28日、東京の新丸ビルで定時総会を開催。平成16年度の事業計画を承認した。事業計画には、固定資産税負担水準軽減を東京都へ要望することなどが盛り込まれた。\n 高木会長は「空室情報サイトが、昨年の稼働以来、登録物件数800件を超え“嬉しい誤算”となった。これからも、会員メリットを最大限に追及していく」と述べた。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月20日