開発

その他

都心3区へビル供給集中/森ビル調べ/緊急整備地域とエリアほぼ一致

 森ビル(森稔社長)は、東京23区の大規模オフィスビル市場動向の調査結果をまとめた。3月に発表したデータをより詳細に分析・統計したもの。\n 03年の年間のエリア別供給動向を見ると、都心3区(千代田区・中央区・港区)の割合は84%。92~99年はその他の20区が都心3区を上回っていたが、00年に逆転した。04~08年もこの傾向が続くと見られる。\n 都心3区を主要ビジネスエリア別に見ると、丸の内・ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月20日