地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記/老害注意

 ある40人ぐらいのパーティの途中で、各自が自己紹介する時間があったのですが、60歳代の男性たちが座っているテーブルに来ると、それぞれの話が長くて、全然前に進まなくなりました。内容もまことにつまらなく、聞いていて苦痛だったのですが、その時ふと思ったのが、「これは一種の痴呆ではないか」ということです。自分も60歳代になった時、あのようにボケてはいけないと、強く自戒しました。\n 私はPTAの会長を6 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月20日