分譲

連載

ワンポント時評(992)/東日本建設「シエルタウン旭町」/建売で前例ないDOM工法採用/地盤改良・環境創造に力

 本紙で何回か報道されたように、昨年から建売住宅の市況が好転して高契約率をマークする事例が目立つようになってきた。その背景には、商品企画のレベルアップがあり、とくにマンションに比べると遜色があった内装設備などソフト面での改善がユーザーにアピールしているのは周知の事実だが、ハード面の努力もまれに重要である。\n GWの連休前に、東日本建設が千葉県船橋市旭町(東武野田線馬込沢駅徒歩7分)で新規販売を始 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年5月20日