不動産証券化

1面トップ

不動産ファンドが「都市再生」の主役に/「価値再生ビジネス」を本格展開へ/低収益物件への取得意欲高まる

 東証J―REITに代表される、リート(不動産投資信託)など、不動産ファンド・ビジネスが好調だ。J―REIT銘柄を上場させている大手不動産会社の間では、さらに複数の私募ファンドを設立する動きも加速している。バブル崩壊後、凍りついた不動産取引市場を牽引する不動産ファンド市場の今後の動向を探った。(大沼 雄次記者)\n J―REIT市場創設に中心的な役割を果たし、J―REIT第一号銘柄にして最大の日本 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年4月22日