行政

その他

複合植栽の屋上緑化が増加、国交省

 国土交通省が発表した2015年全国屋上・壁面緑化施工実績調査によると、マンションや商業施設で樹木・草木・コケなど多様な植物を植える複合植栽の屋上緑化が増えていることが分かった。年間の施工面積は屋上緑化が約17.6ヘクタール(東京ドーム約3.7個分)、壁面緑化は約5.5ヘクタール(東京ドーム約1.2個分)だった。調査には造園建設会社など236社から回答があった。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月29日